北海道と首都圏でこれだけ違う戸建て事情

マイホーム 住宅
この記事は約5分で読めます。

 ヨメの妊娠でちょっと足踏み状態だった自宅の建築計画ですが、ヨメが安定期に入ったこともあり徐々に進んできています。

 北海道暮らしに興味があってこのブログにたどり着いた方もいるかと思いますので、首都圏近辺との比較とかも含め触れてみたいと思います。今回は、本州と北海道の家にかかる費用等の差、北海道の家だからお金がかかる部分について。

北海道の新築一戸建ての総額費用相場とは???~首都圏との差は?

 木造一戸建ての相場は、首都圏では、3,800万円程度が平均相場のようで、中でも東京では4,500万程度まで費用が膨れ上がります。(港区等は別格で、1億や2億をゆうに超えると思われますが・・・)

ヨメ
ヨメ

億ってすごいね・・・億・・・

 一方、北海道では、Ⅰ地域・Ⅱ地域の差はありますが、概ね3,000万~3,500万のことが多いようです。ただ、首都圏で言う東京と同じで、札幌圏はおそらくですが、3,500万程度が相場なのではないかと思います。地方都市では、土地価格が下がるため、3,000万~3,500万程度が一つの目安になってくるかと思います。(もちろん、どういったレベルの家を建てるかで金額は大きく変わります。規格住宅等の場合は2,000万前後からあったりします)

北海道の住宅が安いのは、家自体が安いわけではなく、土地の価格差が一番大きい

 東京と比べてしまえばとんでもなく安く見えてしまう北海道の一戸建てですが、これは家自体が安いわけではなく、あくまでも土地代が圧倒的に安価だということに尽きます。

 厳しい冬に耐えうる住宅にするため、寒冷地対応の住宅は一般的に暖地と比べ高額となる傾向にあり、基本的には北海道の住宅自体は高めです。
 一方、土地は、評価額ベースで、東京の他を圧倒する港区の180万超/㎡や比較的安価な葛飾区(30万/㎡)と比べてみると、北海道内でかなり高額な地域と言える札幌市西地域でも20万/㎡程度。札幌市の一般的な住宅地で8万/㎡、地方都市になると、人気地区でも4万/㎡程度、郊外地域だと1万前後/㎡まで落ちます。さらに小さい町になると、5千円/㎡程度以下にまで落ち込みます。

ねずこ
ねずこ

過疎地域とかだと、200万くらいで十分なサイズの土地があったりするよね

 実際、北海道では地方都市だと人気エリアで坪10~13万、郊外地域だと坪4~5万程度で土地を購入することが出来ます。坪50万超が当たり前の首都圏地域と比べるとかなりの差が出てくることがわかるかと思います。

土地サイズの差は本州エリアを比べれば圧倒的

 首都圏エリアでは、35坪~40坪サイズが敷地面積としては一般的かと思いますが、北海道の場合は、都市部で60坪がひとつのベースになり、都市郊外地域になると80坪がベースのサイズになります。
 さらに小さい街のエリアまで目を向けると、一部100坪程度の区画も出てきます。

あはたぴ
あはたぴ

ちなみに、一部160坪とか、そういう区画もあります・・・

 これは、土地価格が安いことが大前提ですが、車社会の為3台分の車庫を用意する方が多いことや冬季に雪を置いておく場所を確保しておく必要があることも大きな要因かと思います。

北海道の住宅選びで重要なことは・・・

北海道の家では冷房よりも暖房が最優先!

 東京ではもはや冷房が無ければ生きていけない気候に近年なりつつありますが、北海道では冷房よりも暖房がなければ生きていけません。そのため、暖房に何を使うかということは住宅建築の際に必ず建築業者から聞かれます。熱源選びについては、以前の記事で触れていますので、参考にしてください。

北海道の住宅選びで重要なことは・・・

寒冷地ならではの出費もあるが、あまりケチらない方がよい

 北海道という地域だからこそ住宅建築の際にお金がかかるところがあります。代表的なところを挙げてみると・・・(一般的な部分は別として)

北海道の住宅で費用がかかる部分
  • 基礎部分(凍結対策)
  • 断熱施工
  • 耐雪対策(屋根及びカーポート、車庫など)
  • 暖房設備

 この3つが挙げられます。寒冷地用の水回り関係もあるのですが、額はそれほどではないので割愛します。

 この中でも特に、基礎部分や断熱施工といった部分や耐雪対策の中でも屋根部分はケチらない方が安心です。基礎部分や屋根部分は一度建設すると修理が大変ですし、北海道において断熱性能は光熱費に直結します。
 初期コストを抑えようとする余り、断熱性能を落としたり、熱源選び等も間違えてしまうと、一軒家の場合、光熱費だけで7万/月を超えるなんてことも簡単にあり得るのが北海道の冬です。

ヨメ
ヨメ

月に7万も掛かるなら冬場他になにもできない・・・

降雪地域の場合は、お隣さんとの間は広めに、また土地はやや広めの方がよい

 首都圏では、お隣さんとの屋根の間が1mもないようなおうちもよく見かけますが、北海道の降雪地域では、屋根からの落雪があるため、基本的に2~3m以上空けるのが普通です。
 また、札幌の一部を除き自家用車移動が主流の為、だれか人を呼ぶにしても客人用の駐車場が必要な他、一般的な夫婦+子どもの家庭の場合車は2台所有が一般的。そのため、3台分の駐車場スペースを用意出来ればベターで、土地は広めの方がよいと言えます。

 冬季は低温の為、雪がなかなか溶けず、ご近所との排雪トラブルが起きやすいのも北海道の特徴。最低限雪を置いておけるだけのスペースも可能であればほしいところです。

うさお
うさお

今のアパートも周りの住人がアパートの横にどんどん雪捨ててくもんね・・・・

 これらのことから、車3台分の駐車スペース+雪置き場・・・と考えていくと70~80坪程度の敷地があればあまり不自由することはないと思います。

暖房選び(熱源選び)は慎重に・・・

 東京ではもはや冷房が無ければ生きていけない気候に近年なりつつありますが、北海道では冷房よりも暖房がなければ生きていけません。そのため、暖房に何を使うかということは住宅建築の際に必ず建築業者から聞かれます。熱源選びについては、以前の記事で触れていますので、参考にしてみてください。

 今回は、本州と北海道の住宅事情の違いについて触れました。次は、うちの自宅建設を巡るドタバタ劇について!

タイトルとURLをコピーしました